SolefulTap

Narin Okazaki, Tomoya Sasaki,
Takatoshi Yoshida, Alfonso Balandra

The University of Tokyo

乗った人が思わずステップを踏んでしまうタップボード。ボード下部に配置されたセンサによりステップを検出し、複数のソレノイドにより数パターンの打音および足裏へ衝撃を提示する。これによりステップ動作を拡張し、未経験者であってもタップダンスを踊っているかのような体験を提供する。一人称体験の提供に留まらず、鑑賞者に対してもダンスパフォーマンスを見ているかのような感覚を誘発する。また、実際のダンスパフォーマンスをこのタップボード上で行うことにより、その表現の幅を広げることも可能である。さらに、モジュールを追加し接続することで、複数人による協調パフォーマンスやステップの教示、足裏触覚を用いた鑑賞などにも応用できる。本作品では、普段は無意識に行われる人間と床とのインタラクションに着目し、それにより創造される表現形態の可能性を探求する。